ヒルクライムして登山 in 旭岳 2021.7.18

メンバー:L S藤(ay)、S藤(ak)、R家
タイム : 5:00 S藤家発 7:30旭岳温泉〜トランジット〜7:55 0合目発 9:05 5合目 10:20旭岳 12:20 0合目〜トランジット〜12:40旭岳温泉初 13:45 S藤家着

トレランシューズ、水など一式かついで旭岳温泉まで片道36kmのヒルクライム
バイクは鬼漕ぎしても鉄人たちは一瞬で見えなくなってしまうので、凡人に合わせてゆっくり走ってもらう。
太ももパンパンで登山中は牛歩でしか歩けなくなり、鉄人には時間を潰してもらう。
心配した気温も旭岳は雲の中で寒いくらいで助かった。来年はタイムを縮めたい。
メンバー募集!(記 S藤ay)

電気の沢 2021.7.18

メンバー M岸、H川


8:30 駐車場ー8:40 入渓ー9:00 F1ー10:30 チョックストーンの滝ー11:45 林道ー12:30駐車場


先週の偵察山行後にM岸さんとクラックに行く約束をしていましたが、この数日の猛暑でH川の提案で潤う沢に変更して荒井川に行く事していただきました。
初めての電気の沢でしたが、M岸さんは私が2、3度来たことがあると思っていたようでF1のリードの話を私にしていただきましたが、丁重にお断りさせていただきました。そのF1をM岸さんリードで難無くクリアー、続いてフォローで私。フォール。やっぱりクライミング力が足らなかったと痛感。

f:id:amc2020:20210719182615j:image

一丁前に眺めてるし、、、。

今年は水量が少しあるようでしたが、へつる男と濡れたい男で楽しくゴルジュを堪能させて戴き、また、足を運びたくなるとても良い沢でした!特に暑い日には尚更ですね。

f:id:amc2020:20210719182234j:image

f:id:amc2020:20210719182309j:image

f:id:amc2020:20210719182335j:image

f:id:amc2020:20210719182400j:image

f:id:amc2020:20210719182724j:image

f:id:amc2020:20210719182440j:image

f:id:amc2020:20210719182505j:image

記 H川

 

辺別川沢登り偵察 2021.7.11

メンバー:M岸、H川

 

5:30 俵真布林道ー6:30 黄金林道終点入渓ー8:30 co881二股ー9:20 co930 魚調査 9:50調査終了折り返しー11:50 俵真布林道

 

俵真布林道を少し足速に歩き黄金林道へ。
黄金林道は笹藪、そして熊の食卓と化していた。熊スプレーを片手に林道をつめて入渓。河原歩きが長いがシーズン始めと初入渓の沢という事もあり飽きずに進む。
へつりや少しの巻きでco930辺りで魚調査。
Mさんの新しい釣り方でも釣れる!
調査終了後、少しの雨に濡れながら無事下山。
奥地の魚は純粋でした。

f:id:amc2020:20210718214733j:image

f:id:amc2020:20210718214838j:image

f:id:amc2020:20210718214917j:image

f:id:amc2020:20210718214652j:image

(記:H川)

富良野岳 2021.6.27

メンバー K藤 S野
6時20分登山口 分岐9時17分 頂上10時15分登山口13時25分
入会したばかりのS野さんから電話が来て急遽富良野岳に行くことにした。リックと登山靴と雨具はあるらしい。

「800メートルくらいの山を登ったことありますが富良野岳は大丈夫でしょうか」と不安げだったが、花や木 シダが大好きらしく登りながら次々と写真を撮っていた。雪渓歩きがはじめてらしく 、なんだか楽しそう!
頂上直下はハクサンイチゲの群落が私達をお迎えしてくれた。Sさんの大きなおにぎりにびっくりしたが、1合で一つ作ったらしい。2個ペロリ!20代の明るいSさんと華やいだ富良野岳登山だった。是非みんな声かけて誘って下さいね。

f:id:amc2020:20210710083659j:image

f:id:amc2020:20210710083858j:image

f:id:amc2020:20210710083916j:image

f:id:amc2020:20210710084120j:image

f:id:amc2020:20210710084143j:image

(記:K藤)

 

芦別岳 新道往復 2021.7.3

天気 晴れ 雷注意報あり

メンバー K藤、H、A山、Y野、P、S田

コースタイム 登山口5:20 見晴台7:05 鶯谷8:00 半面山9:22 雲峰山10:32 頂上11:29

下山開始12:05 雲峰山12:45 半面山13:24 鶯谷14:09 見晴台14:44 登山口15:55

 

夕張山地の最高峰の芦別岳を旭川山岳会では毎年5月の第4週に春山研修で登っていた。ユーフレ小屋を通り、本谷をつめたり、バリエーションルートを登っていた。芦別岳がはじめてという3名を含み、初夏の芦別岳新道往復コースを計画した。札幌からきたHさんと時間より早く合流し、5時20分登山開始。樹林帯の中をゆっくりすすみ半面山へ到着。樹林の間から夫婦岩など芦別らしい岩稜や遠い富良野西岳が顔だすたび、大きな山にいることを実感。

汗ばみ、少々登りがきつく感じはじめていたけど、半面山を過ぎると展望が開け木々の合間から芦別岳の頂きを見ることができテンションがあがってくる。芦別はこの時期花が多い、樹林帯ではピンクのウツギの美しさに歓声をあげた。半面山より上ではミヤマキンバイ、ウサギギク、コバイケイソウ、エゾルリソウ、フギレキスミレに出会った。みんなに見せてあげたいツクモグサはこの時期はもう終わっているようだ。雲峰山の頂きに登ると目指す芦別岳の山頂へ向かうジグザクの尾根道が見えた。初夏の緑の芦別岳は美しい。足がつって一時辛そうだったメンバーも回復し元気。雲峰山から頂上への岩混じりの急斜面には雪渓が残っていたが、登山道はすっかり雪が溶けていた。

急斜面を登り頂上に着いたら360度パノラマの絶景。多くの登山客で賑わっていた。若者が多かった。1稜の頂きで記念写真を撮ったり、本谷を覗き込んだり、夕張岳、富良野西岳、布部岳方面の山の説明を聞いたり、ゆっくり頂上を楽しんだ。

下りはサブリーダーのHさんがぐいぐいとひっぱってスピードを上げて全員無事に下山。みんなでワイワイ登るのが楽しい登山だった。鶯より若者よりおしゃべりなメンバーの笑い声が響きわたった登山だった。

f:id:amc2020:20210709055849j:image

f:id:amc2020:20210709055907j:image

f:id:amc2020:20210709055921j:image

f:id:amc2020:20210709055952j:image

f:id:amc2020:20210709060024j:image

(記:K藤)

夕張岳 6.26

メンバー K藤・P・H

コースタイム 旭川発3:30 登山口 6:30 冷水の沢7:47  冷水、馬の背コース分岐8:13 吹き通し10:40  頂上11:11 下山開始12:00 13:40馬の背分岐15:00登山口

 

オンラインの例会で芦別岳への参加を希望した入会したばかりのPさん、入会してはじめての登山が芦別岳というのが心配で芦別岳に行く前にどこか一緒に登山をと考えて夕張岳への登山を計画した。

Pさんは登山のために雨具やヘッドランプ、リックサックを購入、ポールも注文した。

 花の名山、夕張岳は花で私達を大歓迎。分岐を過ぎたあたりから登山道の両脇はシラネアオイの群落、これほどの群落をみたのははじめてだった。薄紫、薄桃色、白色のシラネアオイが登山道をうめつくしていた。ガマ岩こえた蛇紋岩のお花畑ではユウバリコザクラ、シソバキスミレがひっそりと咲いていた。

吹き通しのお花畑ではお目当ての夕張岳の固有種、ウルップソウ科のユウバリソウがたくさん咲いていた。大満足。Hさんの積雪期、金山コースから登り夕張から芦別を計画し敗退した話を聞きながら芦別岳の山並みを堪能した。

 入会したばかりのPさんは気力、体力抜群。これから一緒に山にいくのが楽しみ。是非みなさん声をかけてね。

f:id:amc2020:20210708230244j:image

f:id:amc2020:20210708230300j:image

f:id:amc2020:20210708232238j:image

f:id:amc2020:20210708232252j:image

 

(記:K藤)

オロエン川 2021.6.27

メンバー:CL I井、Y田、S藤(ay)、Pク
タイム :9:20駐車帯 11:30ゴルジュ 12:15ダム 13:25駐車帯

旭川が31℃を記録した沢日和。
日向は水温も温かく躊躇なく泳げる。
釜にもダイブし、ゴルジュは水が少なく全員つっばって直登。
5年ぶりのオロエンは渓相が変わっていた気がする。(S藤ay)