層雲峡 雲井の滝 2024.2.23

メンバー: H川、M岸
8:30 銀河の滝駐車場集合
9:30 雲井の滝取り付き
15:00  銀河の滝駐車場解散
数日前の2月道内の最高気温が10度を超え、暖気の影響が氷瀑にどのように出ているのか気にしていた中、当日は放射冷却で朝の気温がー20度を下回り例年通りの環境の中での登攀となったのだが、雲井の滝の取り付きには暖気の影響で大きな氷塊が崩れて砕け散った残骸で覆われていた。
1ピッチ目は右岸からスタートし中央に寄り乗越して切る。
2ピッチ目、3ピッチ目共に問題無く快適にロープを伸ばす。
4ピッチ目は前日に仕入れた画像の情報などを見て終了点を目指すも、暖気の影響もあってか氷の発達の状況がリスキー、いつものチムニー状の辺りにはアバラコフ祭りのごとく敗退跡があり、同じく敗退となった。
そして、取り付きにまで戻り、散乱する氷塊がへし折った樹々を眺めて暖気の危険度を感じ、遅めのランチをして下山となる。
今回の山行も大変に学ぶ事が多くあり、自身の今後のクライミングにもまた有用かつ応用して次に繋がる1日となり、パートナーにも晴れた空にも感謝なクライミングとなった。
(記 H川)

層雲峡バーニシングムーン アイスクライミング:月例山行 2024.2.18

メンバー: T会長(CL) 、I井(SL)、P、N口、T谷、Y井、S山、A木、S藤T

7:30  層雲峡公共駐車場 集合
8:30   バーニシングムーン着
9:00  登攀開始
14:30 撤収開始
15:30 下山

バーニシングムーンは、70m 、WI 5の滝。 I井さんのリードで氷壁の右側面にトップロープかけていただいた。正面からは、T会長が同じくトップをかけてくださった。

アイスクライミング経験者のメンバー全員が、果敢に粘り強い登りで2本のルートを登りきりました。今回アイスクライミング初体験だった2名も楽しみながら登りアイス初体験でバーニシングムーンは、凄いです。

実はここにはムーンライトと言う、ミックスルートがある事をI井さんが教えてくれてルートを見ただけで興奮と感激でした!

14:00 撤収予定でしたが、まだまだ登りたいメンバーも居て(体力あるなぁ・・・)、14:30に撤収開始。15:30 下山。怪我なく、楽しいアイスクライミングでした。

(記 S藤T)  

 

雷電海岸 アイスクライミング 2024.2.11-12

2月11日:4ルンゼ

メンバー: I井(L) 、Y井、P、S藤T

7:20 雷電トンネル駐車場集合→8:00 駐車場発→9:30 4ルンゼ着→15:30登攀終了

当初2ルンゼを登攀予定だったが、4ルンゼに変更。2ピッチで、1Pは、45メートル WI 4。2Pは、25メートル WI  5。と本に書いてある。

1ピッチ
I井さんにリードして頂いた。次にPさん、Y井さんの順に登り、最後に私が登った。長く、傾斜のキツイ所もあり、なかなか登りごたえがあった。

2ピッチ
同じくI井さんのリード。層雲峡のパラグーフォールと難易度、長さ共に同じくらい。全員登りきり懸垂下降して15時30分頃、登攀終了。

3人を率いて下さったI井さん、本当にありがとうございました。(記 S藤T)

かなり長かったラッセル

4ルンゼ

1ピッチ目、Y井さん、リードにチャレンジ

リードしているI井さん

滝から見る海岸は美しい!

2月12日:2ルンゼ

メンバー: I井(L) 、P、Y井

6:00 雷電トンネル駐車場集合→7:00 2ルンゼ着→13:30登攀終了→14:00駐車場、解散。

3人で2日目、雷電海岸で2ルンゼを登ってきました。本州からの先行パーティがあり、滝の幅が狭く、終わるまで長らく待たされました。前日より気温が高くとても登りやすかったです。氷は硬く、気温のせいもあり、崩れやすくなっていました。

I井さんにリードをしてもらい、Pさん、Y井の順に登りました。4ルンゼよりもやさしくとても面白かったです。たまに氷が空洞になっていたのでその場合は特に気をつけました!

ピッチは4ピッチで行きました。とてもいい休日を過ごせました。(記 Y井)

2ルンゼ

2ピッチ目をリードしているI井さん

2ピッチ終了

最終ピッチ

 

原始ヶ原徘徊 2024.1.3~6

メンバー:R家、SakiS原、Say

 

様々な事情により隊員が半数になってしまったヤセ尾根登山隊。いつもと趣向を変え、今回はヤセ尾根ではなく、水平移動の旅、原始ヶ原湿原にどっぷり浸かることとなった。

 

13日 9:30本幸最終除雪地点 12:00秋雲橋 13:07原始ヶ原登山口 15:32三の沢上流BC設営

登山口までのアプローチが一番短い最終除雪地点を探したりしているうちに出発が遅れてしまった。最終民家に駐車の許可を取って、4人でスネ程度のラッセルを漕いでいく。五反沼にBC設営予定だったが、とても行けそうにない。なんとか三ノ沢の右岸、原始ヶ原湿原の末端まで上がり、テントを設営。安着祝いをしながら、明日テントを下ホロに近づけ、明後日下ホロにアタックするか、明日荷物を軽くして日帰りロングアタックにかけるか会議をしたが、明後日は天気が崩れる予定のため、快晴の明日、下ホロへロングアタックをかけることにした。

image.png
【三泊お世話になったBC】

 

14日 4:00起床 6:00BC発 7:52五反沼 11:35Co1269下ホロのコル~引き返し 16:11BC戻り 

二日目、起床時刻4時、張り切ってヘッデンで歩き出す。徐々に明るくなり、周囲がモルゲンロートに染まる。標高1,050mを保ちながら、ひたすら水平移動をするが、広大すぎて距離感がつかめない。更に細かなアップダウン、複雑な地図読みが必要となる。S原隊員は地図読みでアドレナリンが出ているらしく、冴えまくっている。まるで一度下見に来たみたいで心強いことこの上ない。1つ目の沢はまだ雪が少なく、スノーブリッジを探しに右往左往したが、心配していたシーソラプチ川は良いスノーブリッジがあり問題なく渡れた。11時半、下ホロのコルまで辿り着いた。一体は湿原で平らになり、東にはニペソツや石狩岳が見え、天国のような別天地が広がっていた。R家隊長は昔ここに泊まったことがあるらしく羨ましい。ただし、ここから下ホロピークまでは高低差500m、2時間以上はかかる。帰りも長いので無理はできない、と判断し、残念ながらここで引き返すことにする。スピードが遅いわけではなく、下ホロが遠すぎたのだ。BCに戻る途中、一帯が夕日に照らされ黄金色になった。往復22kmの長い長い道のりだった。 

image.png
【富良野岳を振り返る】
image.png
【下ホロのコルにて】

 

15日 5:00起床 7:15BC発 9:43東尾根のコルCo1359 10:30前富良野岳 12:20BC戻り

三日目、なんとしてでも1つくらいピークを踏みたい、という全員の強い思いで、前富良野岳へ。東のコルをめがけて歩いていたが、富良野岳西側まで行き過ぎてしまい、軌道修正。コルにシーデポし、アイゼンに履き替える。徐々に風雪が強くなり、これぞ「冬の祭り」という感じで全員張り切って登る。R家隊長は「このために生きている」と言っていた。私もそう。視界が効かないため、こまめに赤旗を置いていき、バリズボで満身創痍になりながらピークへ。下りは束の間のスキーを堪能し12時半にはBCに着き、大宴会。

image.png

16日 6:00起床 7:55BC撤収 8:40登山口 10:30最終除雪地点着

四日目、計画ではトウヤウスベ~大麓山を回って帰る予定だったが、全装で五反沼まで行き、更に昨日見上げたあの長い尾根を行くこと、ピンポイントで秋雲橋に下りることが不可能と判断し、そのまま帰ることに。林道のトレースを滑り降りるだけと気を抜いていたが、気温が上がり、スキーが高下駄となり苦しみながら駐車場に着いた。

【冬でも凍らない五反沼】


下ホロにアタックした日は快晴無風で、周囲の地形を見ながら歩けたが、視界がないときは心が折れると思う。次回はカミホロ~下ホロを繋げ、下ホロのコルで泊まりたい。(記 Say

錦糸の滝 アイスクライミング 2024.2.4

メンバー:T会長(CL)、S藤T(SL)、P

7:00 上川層雲峡IC集合→7:30 銀河トンネル北見側駐車帯→8:10 錦糸の滝→13:00 撤収→14:00 駐車帯→上川層雲峡IC解散。

気温もそれほど低くなく、吹雪もない、天候の良い日だった。滝には私達が一番早く着いて非常に快適な環境で登った。他に二つのパーティがあった。T会長からは、何かあった時以外は「無言で」登ることを求められた。天候の悪い時に声が聞こえなかったり、他のパーティーのサインと間違えたりする恐れがあるのでロープの動きから次の動作ができるようにならなければならない。錦糸の滝でのマルチピッチは2回目、昨年より落ち着いた状態で登ることができた。昨年は3ピッチだったが、今回は2ピッチで抜けてしまった。1ピッチ目をT会長がリードし、S藤Tさんがフォローし、次に私が登った。2ピッチ目は、S藤Tさんと私が同時にフォローした。終了点からは懸垂下降。下山。(P)

滑り道とお経は早い方が良い、真っ白な滝を登る

1ピッチ目をフォローするS藤Tさん

懸垂下降

懸垂下降するS藤Tさん

帰り道で岩を発見。

こんな岩がお庭にあったら毎日登れるのに・・・

2024/1/28 月例山行 (音江山スキー)

メンバー D嶋、T、I井、N川、N口、S藤孝、A木、Y井、E老、T谷

 

7時集合→12時解散

 

天気快晴、雪は思ったより積もっておらず、所々底ガリな雪面。南西斜面の樹林帯を2本、北東斜面を一本滑走。皆概ね満足し終了。

f:id:amc2020:20240131064017j:image

f:id:amc2020:20240131064030j:image

f:id:amc2020:20240131064041j:image

f:id:amc2020:20240131064047j:image

f:id:amc2020:20240131064059j:image

下山後は搬送シートを広げ、構造を確認。各自、どのような装備が追加で必要か?、梱包はどうするか?ディスカッションし、緊急時の対応を協議した。

ニセイカウシュッペ山 東面滑走 1/19

メンバーD嶋、I井、N川

 

所要時間 11時間30分

移動距離 16.4km

 

晴天が確約された予報であったので、西尾根経由の東面滑走を計画した。

予報通りの晴天で最高の天気であったが、雪が非常に少なく、荒井川の登り返しからの、沢の処理&川ドボンで所要時間11時間30分。

西尾根からの周回ルートをコンプリート!目標達成。

 

f:id:amc2020:20240121171223j:image
f:id:amc2020:20240121171230j:image
f:id:amc2020:20240121171217j:image
f:id:amc2020:20240121171227j:image
f:id:amc2020:20240121171220j:image
f:id:amc2020:20240121171213j:image
f:id:amc2020:20240121171210j:imagef:id:amc2020:20240121171810j:image

 

正月山行-黒岳北稜 2023.12.29-31

メンバー I井(L)、D嶋、K山、A木、H川
 
12/29 7:30 黒岳ロープウェイ集合ー9:00 リフトー10:40 co1700雪洞ー 13:20 co1800辺りからスキーI井、D嶋、A木(そのまま下山)ー 16:30夕食ー18:30就寝
 
朝イチの黒岳ロープウェイの天気は運行開始と同時に晴れ渡り、幸先が良いスタート。と思いきやリフト乗り場で40分程足止めされるも快晴により談話しながらやり過ごす。
7合目リフトからはスキー組にラッセルしていただきながらスノーシュー組は後ろからついて行く。
登っている途中で時折り、風が強くなるも晴れ渡る空のお陰で苦にならないし、むしろ居場所の存在意義が増すようだ。
そうして八号目辺りで、雪付きの良さそうな場所を選んで雪洞を掘る事にし、かなり居心地の良さそうな雪洞を作る事ができた。A木氏の帰りのロープウェイの時間も気になるので少し休憩後スキー組は高度を上げるべく滑りに行った。
A木氏の下山確認をし、軽く宴会をしつつ夕食の準備をし、重い荷物を担いできた身体に、温かく美味しいすき焼き鍋が充実した気分を押し上げてくれる。そうして回復していく身体で翌日の天気を確認して早々に就寝。

 
12/30 5:00 起床- 7:00 BC停滞- 19:30就寝
 
前日の風の強さを感じる事なく雪洞の中は、ほぼ無音で朝を迎える。前日の就寝前に天気を確認していた時は30日は風も強く雪もつく予報、31日の予報もイマイチの中での判断になっていたので、無音に期待しつつ外に出るとかなり風が強い。全員一致で早々に停滞決定。そんな日は背徳感も無く10時頃から宴会開始。K山氏が停滞の事も考えて沢山の食材やお酒を上げてきてくれたので、難なくやり過ごす事が出来る。時々外に出て空を確認してみると一瞬の晴れ間が気分を良くしてくれるとても良い宴会場となった。

12/31 4:30起床ー 6:30黒岳北稜アプローチー 7:40北稜取り付きー 14:00黒岳山頂ー 15:20ロープウェイ駅ー16:00下山
 
前日の一日中停滞の影響で天井が随分と下がり、水気を含んだので夜半からK山氏の寝袋の上に秒針の如く水滴が落ちてきていたようで、寝れずに朝を迎えた模様だ。そんな中4:30に起き上がり、寝袋を片付けてから外に出ると風もなく、暖かい。どうやら登る事が出来そうだと判断する。朝食に力うどんでエネルギーを蓄え、クライミングの準備をして北壁に向かう。取り付きで2パーティに分かれて登り始める。
1ピッチ目 I井、K山ペアは通常ルート、D嶋、H川ペアは通常より右寄りの直上ルートで灌木とクラックに悩まされた。
2ピッチ目 雪稜はバイルもしっかりと刺さり登りやすい。
3ピッチ目 出だしのトラバースがいやらしく、その後の直上も気を抜けない。
4ピッチ目 灌木の中を縫うように登り平らな場所でピッチを切る。
5ピッチ目 ここも雪稜で登りやすく、アンカーにてピッチを切る。
6ピッチ目 出だしが少しいやらしく、ドライなルートだった。
13:30頃に抜けて、14:00山頂にて写真を撮りBCまで戻るも、ロープウェイの最終が16:00なので、スノーシュー組は早々に荷物を担いで駅に向かう。スキー組はルート旗を回収しつつ駅へ。駅では、爽やかになるひと時の飲み物で喉を潤し、今シーズンはまだ雪の少ない黒岳の森を眺めながら無事に下山となった。

今回、こうして目標にしていた冬のマルチピッチをいいコンディションで登る事ができたのも、計画を立てて頂いたリーダー、装備の準備や安心出来るパートナー、体力を考えて用意してくれた食担や笑顔にしてくれるメンバーがいて、大変に充実した山行となり非常にいい年の締めくくりができた事に感謝しかない。これからもより安心されるアルパインをできる様に精進していきたいと思います。有難うございました。
(記 H川)

層雲峡ブルーウルフ アイスクライミング 2023.12.23

メンバー:T会長(CL)、Y井(SL)、M岸、K下、T谷

コースタイム:

7:00 上川層雲峡インターチェンジ駐車場集合→7:30 層雲峡高山バス停→ニセイノシキオマップ林道→9:30 ブルーウルフ→15:00 撤収→15:30 高山バス停→16:00 上川層雲峡インターチェンジ駐車場解散。

林道は意外と雪が少なく、歩きやすい雪量でした。
その分、川の方は凍ってなく渡れなかったので迂回して氷にとりつきました。
氷はまだまだ発達途中でしたが登れるくらいはありました。
ロープはM岸さんに張っていただき、ありがとうございました。

また、I井さんも道岳連の方々と来てマルチの研修をしていました。

T谷さんは12:00に先に下山し、我々も15:00に下山。無事に駐車場までたどり着きました。

シーズン初めの良いアイスでした。(Y井)

ルートを迂回

発達途中の氷

トップロープ

リード(M岸さん)

爆風対策(M岸さん)

川横断(帰り)

天塩岳 2023.12.16-17

メンバー: S藤A(CL)、S原(SL)、P、W引

コースタイム

12/16

08:05 林道入口

09:25 尾根取付き

14:15 Co1215m AC設営

12/17

05:00 起床

07:00 AC発

08:45 Co1525m

10:15 AC着

11:10 AC撤収

13:20 尾根取付き

15:15 林道入口

 

浮島トンネルの出口付近には多くのスノーモービルが置かれ、我々は林道入口を除雪して停めました。尾根取付きまでは膝程度の積雪で二か所、渡渉しましたがスノーシューを履いていても、問題なく渡れました。尾根取付きからは急傾斜が続き、下山時に視界の良い状況で登った際のトレースを見ると改めてその傾斜の強さが分かりました。Co1525mでは耐風姿勢をとっていなければ体が持っていかれるような中、視界も悪く撤退判断となりました。もう少しであっただけに残念でしたが、途中地図読みをして現在地の把握をしながら歩いたことは良い経験となりました。(W引)