八の沢~カムイエクウチカウシ山~ピラミッド峰 2022.9.16~17

メンバー:L S藤ay、S原、他1
タイム :9月16日(金) 9:00駐車場 10:55七の沢出合入渓 12:30八の沢出合 15:50八の沢カール 16:50稜線 17:40カムエク、C1設営
          9月17日(土) 5:00起床 6:45C1撤収 8:30ピラミッド峰 9:40八の沢カール 12:40八の沢出合 14:35七の沢 16:00駐車場着

4日間でエサオマン→カムエクの縦走を計画したが、後半天気が崩れる予報で、札内川増水を懸念したため、計画を反転しカムエクからスタートした。
札内ヒュッテから1kmほど入った場所にゲートがあり、そこが駐車場となっていて林道歩きが短くなり少しラクができた。
更に七の沢出合で何かの工事をしており工事車両が往来しているため、林道はきれいになり、自転車だとかなり早く来れそうだった。
札内川~八の沢は水が少なく快適だったが、カールの水は涸れていたので、少し下りて水を補充をした。
カムエクピークまでテントを上げ、縦走を続けるつもりでいたが、軽量化のため稜線上は水を持たずC2を十の沢カールに下ろしたとしても十の沢も枯れてそうなこと、3日目にはトッタベツ林道近くまで下りないと増水でマズそうなこと等、全日程こなせるがギリギリの計画で、精神的にも体力的にも余裕のない計画になる。何より天気が悪い中行っても楽しくないとCLの意見を尊重させてもらい、今回は縦走を断念し、悔し紛れに翌日ピラミッド峰を往復した。ピラミッドまでは明瞭な踏み跡が続いていた。
はじめは展望がなかったが、カムエクに向かっているとどんどん雲が下がり一体が雲海となり、険しく長大な中部~北日高が一望できるようになり、久々の日高の景色に震えた。
ついこの間まで日高にいたのに、もう狂おしくあの稜線に戻りたい。日高は本当に魅力的な山域だ。(S.ay)